【抜け毛予防総まとめ】薄毛専門の美容師がシャンプー~生活習慣対策まで教えます

掲載日:2020.01.06 更新日:2020.01.07

この記事の監修 伴亮(ばん りょう)| 美容師・ヘアメディカルサロン店長

「最近、抜け毛が気になる…」そう悩む方は少なくありません。今回は抜け毛予防に効く方法論を薄毛カットの専門美容師に伺いました。シャンプーの方法や選び方、さらにはマッサージや頭皮のツボまで徹底解説!薄毛予防のプロから教わる対策は必見です。

女性の抜け毛・薄毛予防法の重要性

髪のトラブルは年を重ねるごとに増していくため、早期対策が不可欠。しかし、「どこから手をつけていいのかわからない…」と頭を抱える方も多いのではないでしょうか。

そんな時、まずはヘアケアを見直すのがおすすめです。そして、薄毛の対策として名前の上がる治療薬の使用は、ヘアケアで効果が実感できなかった場合に検討するといいでしょう。

今回は日常でできるヘアケアを総まとめでご紹介。あなたにぴったりのヘアケアがきっと見つかるはずです。

【シャンプー(洗髪)・ドライ】で女性が抜け毛・薄毛予防する方法

シャンプー(洗髪)は毎日行うもの。抜け毛・薄毛予防は、まずはここから始めましょう。毎日行うものであっても、正しいシャンプーを実践できている方は意外にもいらっしゃいません。シャンプーの手順と乾かし方(ドライ)について、それぞれの正しい手順を解説します。

シャンプー(洗髪)おおまかな7ステップ

1. 髪をほぐす 髪を濡らす前に髪のもつれをほぐしましょう。
2. 頭皮と髪をよくすすぐ いわゆる湯シャンを行います。髪のホコリを取るイメージですすいでいきましょう。
3. シャンプーで洗う シャンプーをよく泡立てましょう。髪を包み込むように洗うのがコツです。
4. すすぎ 2度洗いにそなえ、1度すすぎます。
5. 2度目の洗髪 2回目の洗髪は髪ではなく、頭皮を重点的に洗います。指の腹で頭皮全体を洗っていきましょう。
6. 時間をかけ丁寧にすすぐ 髪の根元に指を潜り込ませるイメージですすぎましょう。髪だけでなく、頭皮も意識。シャンプーを残さず洗い流します。
7. 髪を乾かす タオルドライを忘れずに。まずはタオルドライし、なるべくブローの時間を減らしましょう。

乾かし方(ドライ)の手順・ステップ

髪を乾かす際に意識すべきは、「時間をかける」ということです。なるべく早く髪を乾かそうとしてしまうことが多いですが、こうした焦りからドライは乱雑になってしまいがち。結果として抜け毛が増えてしまうのです。

すべての手順で、丁寧にしっかり乾かすことを心がけましょう。では乾燥で気をつけるべきポイントをタオルドライとブローに分け、それぞれ見ていきましょう。

1. タオルドライ

タオルドライをするために、まず吸水力に優れたタオルを選んでみましょう。

タオルドライをする時のコツは水気を吸収させるイメージをもつこと。ぐしゃぐしゃと髪を拭くのではなく、しっかりと髪を抑えて水気を吸わせると抜け毛が軽減できます。

2. ブロー

ブローは髪ではなく、頭皮を乾かすイメージで行いましょう。また髪をかき乱すのはよくありません。

丁寧にするコツは髪の毛の下から指を通し、ドライヤーを当てていくこと。ジグザグではなく、直線に指を流していくイメージが重要です。

さらになるべく、1つの箇所につき1回だけ行うのがいいでしょう。指を通す回数を減らすことで抜け毛量を減らし、髪に優しいブローを行うことができます。

【マッサージ】で女性が抜け毛・薄毛予防する方法

マッサージは頭皮を活性化させるいい刺激です。リラックス効果も期待できるため、ぜひ取り入れてみるのがおすすめです。

【動画】頭皮マッサージの具体的な方法と手順

頭皮マッサージ7ステップ


Step.1
百会のツボを手の中指で重ねて3回プッシュ

Step.2
「四神聡」のツボを中指で3回プッシュ

Step.3
「角孫」に親指をおいたまま4指で上から順にプッシュしていく。その後、4指を回しながらマッサージ

Step.4
「角孫」に親指を置いたまま、生え際の真ん中から耳側へプッシュ。その後、4指を回しながらマッサージ

Step.5
5指で頭皮全体を揺り動かしマッサージする。その後、3指で頭皮をつまんで全体的にマッサージしていく。

Step.6
両方の手のひらで側頭部を包み込みハンドプレスを行う。

Step.7
両手のひらで生え際と頭頂部を包み、ハンドプレスを行う

頭皮マッサージのコツや注意点4つ

  • 指を固定させ、頭皮を揺り動かすイメージで
  • 髪をよく濡らす
  • 強く力をかけすぎない
  • 外用剤と併用することで効果UP!

「マッサージをする時間がない!」という人には?

時間がなく、毎日マッサージを実践するのは難しいという方もいるでしょう。

その場合、まずは頭頂部と前頭部を重点的に行うのもおすすめです。横と後ろは皮膚が分厚く、マッサージがしづらいものです。

そのため入門編として、前頭部と頭頂部だけでも頭皮マッサージにトライしてみましょう。

【ヘアスタイル改善】して女性が抜け毛・薄毛予防する方法

ヘアスタイルを見直すことが抜け毛・薄毛予防につながることは意外かもしれません。しかし薄毛予防には非常に重要な要素です。

部位ごとに見る対策や予防法

女性の髪の悩みとして多いのは「分け目」「前髪」「頭頂部」の3つです。それぞれの悩みを解消するための対策・予防法を見ていきましょう。

分け目

分け目が気になり始めたら、定期的に分け目を変えてみましょう。左右逆にすることで、分け目の薄毛は緩和されます。

また、分け目を逆にするのではなく、ズラしてみるのもおすすめ。小指一個分だけずらし分け目を作ることでも、部分的な薄毛や抜け毛の予防につながります。

前髪

前髪も分け目と同じく、場所を変えてみるのがおすすめです。具体的にはいつもよりも少し奥から作ってみましょう。

また、前髪に短い毛を入れ、長さの強弱をつけるのもいいでしょう。こうすることで前髪が割れるのを防ぐことができます。

頭頂部

頭頂部の見栄えが気になる方におすすめなのが、ショートカット。短くすることで、頭頂部の髪が浮き、薄毛感が軽減されます。

ロングヘアの場合、放射線状に下へ髪が向かっていきます。一方でショートの場合はその矢印が上になります。結果としてボリューム感を演出できるのです。

カラーに関する注意点

色染めは頭皮や髪にダメージを残すので、抜け毛・薄毛を気にする場合は行わないのが無難です。頭皮への影響はもちろん、髪の毛も酸化が進んでしまい悪影響に。

どうしても色染めをしたい場合、天然由来の成分を使用するとダメージは緩和できます。しかしセルフで髪染めをする場合は注意。市販のカラーはアルカリ度数が高く、髪へのダメージが特に高まります。

【通常のカラーを行う場合の注意点3つ】

  • 頭皮から数ミリ離して染めるとよい
  • 初めての場合、難易度は高め
  • やり方はヘアマニキュアと同様にすると綺麗にできる

抜け毛で地肌が目立つ時の対処!ボリュームを見せるには?

地肌が目立つ場合、どのような髪型にすればいいのか悩む方も多いはず。地肌の目立ちを緩和する髪型を見ていきましょう。

なるべくショートヘアに

さきほども少し触れましたが、薄毛の悩みにはショートヘアがおすすめ。短くすることで髪が軽くなり、頭頂部がハネます。その結果、ボリューム感を演出できるのです。

また通常の毛の中に、少し短い毛を入れていくことでハネをさらに増やすこともできます。もしショートヘアに抵抗がある場合は、今よりも少し短くするだけでも効果があるので検討してみてください。

後頭部に段差をつける

後頭部のボリューム感が気になる場合、高低差がカギ。段差をつけることでボリューム感を演出できます。

具体的には襟足の部分の毛量を減らし、後頭部との高低差を出すことでボリューム感ある髪を演出できます。

自分の肌色に近いカラーリングに

肌の色に近いカラーリングをすると、薄毛が目立たなくなります。

実は、薄毛が最も目立つ色は黒。逆に肌に近い色の場合、肌と髪のコントラストが和らぎ、髪が割れてしまってもあまり目立ちません。

ちなみに最も目立ちにくい色は金髪です。実践は難しいかもしれませんが、どうしても薄毛部分が気になるという方は検討してみてください。

【食生活の見直し】から女性が抜け毛・薄毛予防する方法

日々の食生活も大切です。特に規則正しい生活とバランスのいい食事を心がけましょう。過度なダイエットも厳禁。髪にいいとされるビタミンB群やビタミンEを意識して摂取してみましょう。また、女性に不足しがちな栄養素も合わせて摂取するのもおすすめです。

抜け毛予防におすすめの食材

ビタミンB2 レバー・卵・チーズ・緑黄色野菜・うなぎ・牛乳
ビタミンB6 魚・レバー・じゃがいも・牛乳・バナナ・キャベツ
ビタミンE 魚・豆類・植物油・小麦胚芽・緑黄色野菜
カルシウム 小松菜・わかさぎ・焼き豆腐
鉄分 カツオ・赤貝・大豆

【サプリメント】で女性が抜け毛・薄毛予防する方法

サプリメントは髪を構成するアミノ酸を中心に考えてみましょう。髪を構成するアミノ酸で最も多いのはシスチン・グルタミン酸・アルギニンの3種類です。

毛母細胞の培養実験では、この3つのアミノ酸がない場合には十分な育毛がされないと報告されています。

サプリメントの場合、このシスチンが多く含まれているものを探してみるのがおすすめです。

【喫煙・飲酒】と女性の抜け毛・薄毛予防の関係

喫煙 たばこに含まれているニコチンには血管を縮小させる働きがあり、これが毛根の栄養状態にも悪影響
飲酒 肝臓でアルコールを分解する際に、アミノ酸を消費。髪の栄養不足につながる

抜け毛が気になる場合、飲酒・喫煙を控えてみるのもよいでしょう。どちらも髪の栄養不足を引き起こす可能性があります。

飲酒も喫煙も、髪の健康へいい影響はありません。抜け毛・薄毛を気にする方はなるべく控えるようにしましょう。

女性におすすめのヘアケアグッズ5つ!選び方もご紹介

女性にぜひおすすめしたい、ヘアケアグッズを5つ紹介します。シャンプーやトリートメントはもちろん、ヘアケア剤もお届け!今使っているものの見直しや、新しいヘアケアの実践の参考にしてみてください。

シャンプー

髪の汚れだけでなく、頭皮環境にも配慮するものなど多機能なものが登場しています。

    【選び方】

  • 頭皮タイプごとに選ぶ
  • 泡立ちの良さを優先して選ぶ

コンディショナー

コンディショナーも同様に、頭皮環境に配慮したものが多数登場。

    【選び方】

  • シャンプーと違うタイプで選んでみる
  • なるべくシャンプーと同じメーカーのものを

ブラシ・クシ

もつれた髪をほぐすために使用します。最近では電気刺激を与えられるものに注目。

    【選び方】

  • 「引っかからない」と記載されているタイプを見る
  • 電気刺激を与えられるなどの機能で選ぶ

スプレー

整髪料の一種。日々使用するものなので、髪へのダメージを気にする場合は改善の余地があります。

    【選び方】

  • 一度ゆすぐだけでベタつきが残らないものがおすすめ
  • 何度もゆすぐ必要があるものは避ける

ヘアトニック

フケ・かゆみを防止するなど、頭皮環境を整える目的で使われます。

    【選び方】

  • 使った感じではわからないため、安いものは危険
  • 違いを実感しづらい商品だからこそ、少し高めのものを

手軽なところから抜け毛・薄毛予防!シャンプーやマッサージで改善しよう

専門的な治療の一歩前に、抜け毛・薄毛予防として日常生活で行えるポイントは数多くあります。たしかに専門的な薄毛治療は確かな効果が実感できます。しかし、なかなかそこまで踏み出せないという方も多いのではないでしょうか。

少し工夫するだけで、今ある髪の悩みが軽くなることも。まずはヘアケアからの実践をおすすめします。

あなたの悩みに、今回の記事が少しでも参考になれば嬉しい限りです。

この記事の監修 伴亮(ばん りょう)| 美容師・ヘアメディカルサロン店長

横浜ビューティーアート専門学校を卒業後、カット専門サロン、トータルビューティサロンで経験を積み、
2017年のオープン時からヘアメディカルサロン東京の店長をつとめる。

AGA治療専門のDクリニック東京に併設されており、髪や頭皮に優しいカラー、ボリュームアップカットを取り入れた施術に定評。

オープンから2年で月間700人が来店する人気サロン。