シャンプーの正しい使い方|女性の髪を美しく保つコツ

掲載日:2020.04.30 更新日:2020.05.01

この記事の監修 アンファー株式会社

シャンプーを行うときのポイント

シャンプーをする際のポイントを解説します。

  • 自分の頭皮に合ったシャンプーを選ぶ
  • シャンプーは充分に泡立てる
  • 指の腹を使って丁寧に洗う
  • 爪を立てるのはNG
  • キレイに洗い流す、しっかりと乾かす

①洗う前にブラシなどで髪のもつれをほぐす

濡らす前に、頭皮全体を、手を使って1~3分程度マッサージします。次に、ブラシで髪の毛のもつれをほぐしていきます。髪の毛をほぐすことで、シャンプーのときに汚れを洗い落としやすくなります。

②頭皮と髪を丁寧に予洗いする

髪だけでなく頭皮もしっかりと濡らし、ぬるま湯ですすぎましょう。シャンプーをする前に予洗いすることで、髪と頭皮の汚れをある程度洗い流すことができます。

③シャンプーをしっかりと泡立てて洗う

シャンプーを手のひらに1~2プッシュを目安にとります。手にとったシャンプーをしっかり泡立ててから髪と頭皮全体になじませていきます。洗う際は、指の腹を使って頭皮を優しく洗いましょう。また、頭の後ろ側からおでこにかけて洗うのがポイントです。下記の【洗う順番】を参考にしてみてください。

【洗う順番】

a. えりあし→ b. 後頭部→ c. 側頭部→ d. 頭頂部→ e. 前頭部→ f. 生え際 の順

④髪の毛の流れに逆らうように丁寧にすすぐ

髪の毛をすすぐ際は、髪の毛の流れに逆らうようにしっかりとすすぎましょう。特に、えりあしや後頭部もシャンプーの洗い残しがないように注意して念入りに流しましょう。

⑤2度目は頭皮をマッサージしながら洗う

すすぎ終わったら、③と同じ順番でもう一度洗います。2回目は、頭皮を中心に洗うことを意識しましょう。頭皮を洗う際は、爪を立てないように注意してください。爪を立てて洗うと、頭皮が傷ついてしまう可能性があるため、指の腹を使って丁寧に洗いましょう。

⑥洗い残しがないように丁寧にすすぐ

④のすすぎと同様、髪の毛の流れに逆らうように洗い流します。洗う際はしっかりと指の腹を使って頭皮にシャンプーが残らないよう注意しましょう。特に、シャンプーの洗い残しが多い、えりあしや後頭部もしっかりとすすぎましょう。

⑦トリートメントを髪と頭皮になじませる

指の腹を使って髪と頭皮全体に、トリートメントをなじませましょう。この際、髪と頭皮全体に均一になるように塗り伸ばしてください。頭皮にもトリートメントをつけることで、頭皮も保湿することができます。スカルプDのトリートメントパックは、頭皮にもつけられ、頭皮のうるおいも閉じ込めることができます。

⑧しばらく時間を置き、浸透させる

トリートメントを付けた状態のまま3~5分間くらい時間をおいて頭皮ケア成分を浸透させます。

⑨トリートメントが残らないようにしっかりとすすぐ

指の腹で触れた際に、髪と頭皮全体にヌルつきがなくなるまでしっかり洗い流してください。髪だけでなく頭皮についたトリートメントまでしっかり落としましょう。最後はドライヤーでしっかり乾かしましょう。

この記事の監修 アンファー株式会社

○事業内容
化粧品・サプリメント・健康食品・専門医師監修によるクリニック専売品などのオリジナルエイジングケアプロダクツの研究開発及び製造・販売・卸業務。

○研究開発・製造
エイジングケア分野のNPO法人・研究団体の活動を支援するとともに、専門医師・大学機関との共同研究を通じ、研究・開発を進め商品を製造。

RANKINGランキング

NEW新着

CATEGORYカテゴリ