Q. 女性の薄毛は生活習慣の改善で治る?

A. 髪に良い生活習慣を送ることで薄毛改善が図れます

掲載日:2020.04.30 更新日:2020.05.01

この記事の監修 アンファー株式会社

女性の薄毛は、生活習慣とも深い関係があります。では、どのように改善していけばよいのでしょうか?今回は、女性の薄毛と生活習慣の関係性や具体的な改善策についてご紹介します。女性ならではのホルモンバランスの乱れについても解説しますので、できるところから対策していきましょう。

薄毛と生活習慣は関係ないの?薄毛の原因となる生活習慣とは

女性の薄毛と生活習慣には密接な関係があります。以下のような生活習慣は薄毛に繋がる可能性があるため、自分に当てはまらないかチェックしてみましょう。

  • バランスの乱れた食生活
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • 過度な飲酒や喫煙
  • 間違った洗髪
  • ホルモンバランスの乱れ

乱れた食生活

ダイエットなどで食生活が乱れると、栄養不足となり髪の成長に必要な栄養も不足してしまい、結果、薄毛を引き起こす可能性もあります。髪は、タンパク質をアミノ酸に分解して、ケラチンというタンパク質に再合成することで作られているので、タンパク質が不足すると抜け毛や薄毛などにも影響することがあります。

また、ケラチンを作る際に亜鉛やビタミンB群も必要とされるため、タンパク質だけを摂るのもNG。バランスよく栄養を摂るようにしましょう。

さらに、ダイエットでまったく脂質を摂らないことも危険です。もちろん脂質を過剰に摂ると、頭皮の皮脂の多く分泌されてしまうこともあります。皮脂には頭皮の乾燥を防いでくれる役目もあります。脂質は適度に摂るようにしましょう。

ストレス

ストレスを感じると交感神経が優位になり、血管を収縮させます。その結果、血行不良を起こし、頭皮へ栄養が行き届かなくなることで髪が細くなり、抜け毛や薄毛になることも。 またストレスが溜まり、アドレナリンとノルアドレナリンが過剰に分泌されると、頭皮の皮脂が増え、薄毛となる危険性もあります。

睡眠不足

睡眠が不足すると、成長ホルモンの分泌量が減り、細胞の分裂が活発に行われなくなるため、髪を成長させにくくなります。また、睡眠不足で疲労が溜まることで、頭皮のターンオーバーも乱れ、頭皮環境を悪化させる恐れもあります。

運動不足

運動不足は体内の血行を悪化させるため、頭皮の血流も滞ってしまいます。特に頭皮は毛細血管しかなく届けられる血液量も少ないことから、血行不良になりやすく、栄養が届かないため、薄毛を引き起こすことがあります。

過度な飲酒や喫煙

過度な飲酒は、肝臓で有害物質・アセトアルデヒドを発生させてしまいます。無害化させるために「システイン」を使って分解しますが、このシステインは髪を作る栄養素の1つ。 髪を作るための材料をアルコール分解のために使ってしまうため、薄毛の原因となってしまいます。

また、煙草に含まれるニコチン、一酸化炭素は毛根の酸素不足と引き起こすため、頭皮に悪影響を及ぼします。また、ビタミンCも破壊することで血行を正常に保つビタミンEの吸収率も悪くし、血行不良が起き必要な栄養を頭皮に届けにくくなることで、薄毛に繋がります。

間違った洗髪

毎日の洗髪を間違った方法で行っていると、頭皮環境を悪化させ、薄毛に繋がることがあります。シャンプーを泡立てず直接頭皮につけたり、爪を立てて頭皮を洗っていたりすると、 頭皮にダメージを与えてしまう可能性も。

また、頭皮に合わないシャンプーを使っていると、乾燥を引き起こす可能性もあります。自分の頭皮に合うシャンプーを選びましょう。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れることで、薄毛となることがあります。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがありますが、抜け毛が発生する可能性があるのはエストロゲンが減少する時です。出産後や、ピルの服用、更年期などでエストロゲンが急激に減少し、抜け毛が発生しやすくなります。

薄毛対策のための生活習慣と改善方法

薄毛対策のために気を付けたい生活習慣と、改善方法をご紹介します。

  • バランスの良い食生活
  • ストレス解消
  • 適度な運動
  • ホルモンバランスを整える
  • など

バランスの良い食生活

バランスの良い食事で、髪の成長に必要な栄養をしっかり摂るようにしましょう。 髪の主成分であるケラチンのためには、タンパク質が必要です。 そのためには、肉や卵、魚介類を始め、大豆製品がおすすめです。

ケラチン形成のために必要な亜鉛も忘れずに摂りたい栄養素ですね。 牡蠣やパルメザンチーズ、煮干しなどに多く含まれています。

また、ビタミン類もぜひ摂取したい栄養素です。 ビタミンAとEは抗酸化力があり、健康な頭皮を保つ効果が期待できます。 ビタミンAは、豚レバーや鶏レバー、にんじんやホウレン草など、ビタミンEはアーモンドやピーナッツなどのナッツ類に多く含まれています。

どれか一つの栄養に偏るのではなく、バランスの良い食生活をするようにしましょう。

ストレス解消

ストレスを溜めないよう、少しずつ解消するようにしましょう。 湯船につかると心身ともにリラックスできますし、日光に当たるとセロトニンが分泌され、精神を安定させる働きがあります。

またアロマの香りは副交感神経を刺激し、リラックスさせる効果がありますから、ストレス解消に役立つでしょう。

適度な運動

体を動かすことで、血流を促進し頭皮にも栄養を行き渡らせることができます。せっかく食事で栄養を摂っても、血行が滞っていては届けることができないため、適度な運動で血行を促進しましょう。

特に上半身のストレッチは、頭部への血流改善に効果的ですから、朝や寝る前の習慣にするのがおすすめです。また、肩回しなどを行うと、肩こり解消にも効果がありますよ。

ホルモンバランスを整える

女性ホルモンのエストロゲンが減ることで、ヘアサイクルが乱れ抜け毛や薄毛を引き起こします。女性は出産や更年期などで、ホルモンバランスが乱れることがあります。 エストロゲンと似た作用を持つとされるイソフラボンを上手に摂ることで、バランスを整えましょう。

イソフラボンは大豆製品に多く含まれていますから、お味噌汁に豆腐を入れたり、朝食に納豆を食べたりするなど、毎日の献立に取り入れてみてはいかがでしょうか。

生活習慣を改善して薄毛対策をしましょう

薄毛と生活習慣の関係についてご紹介しました。食生活や睡眠・運動不足などは薄毛に影響するので、自分の生活を見直して心当たりがあるものは早めに改善しましょう。

髪のために良い栄養素をご紹介しましたが、それだけに偏ることなくバランスの良い食事を心がけてください。また、女性はホルモンバランスの乱れで薄毛になることもあります。イソフラボンなど上手に食事に取り入れ、予防するとよいでしょう。

この記事の監修 アンファー株式会社

○事業内容
化粧品・サプリメント・健康食品・専門医師監修によるクリニック専売品などのオリジナルエイジングケアプロダクツの研究開発及び製造・販売・卸業務。

○研究開発・製造
エイジングケア分野のNPO法人・研究団体の活動を支援するとともに、専門医師・大学機関との共同研究を通じ、研究・開発を進め商品を製造。