薄毛にはマッサージが効果的!女性の薄毛の原因とケア方法を紹介

掲載日:2020.03.12 更新日:2020.04.06

この記事の監修 アンファー株式会社

薄毛に悩む女性は少なくありません。最近はストレス社会と言われており、ストレスが慢性的に溜まっている人は多くいます。ストレスは薄毛の大きな原因でもあるので、若い人や女性でも薄毛に悩む人が増加傾向にあります。
薄毛の対策として、すぐに始められるのが「頭皮マッサージ」です。今回は女性の薄毛・抜け毛対策として有効な頭皮マッサージについて、効果が期待できる理由と、具体的なマッサージ方法を紹介します。

薄毛に悩む女性が増えている!気になる原因は?

薄毛と言うと、悩みを抱えているのは中高年の男性のイメージがあると思いますが、最近では薄毛に悩む女性も増えつつあります。
女性の薄毛の原因には、主に以下の4つが挙げられます。

  • ストレス
  • 加齢などによる女性ホルモンの減少
  • 髪の洗い過ぎ
  • 洗髪が不十分

ストレス

薄毛の原因のひとつとして、ストレスが挙げられます。ストレスは血管を収縮させて血流を悪くしてしまう効果があります。
ストレスによって頭皮の血流が悪くなると、髪に十分な栄養が行き渡らなくなってしまい、髪が弱ってしまいます。髪は弱ると細くなるので、髪全体のボリュームが減り、薄くなったと感じるのです。

加齢などによる女性ホルモンの減少

月経前やストレスが溜まった状態は、ホルモンバランスが崩れやすくなっています。また加齢によっても女性ホルモンは減少し、バランスが崩れやすくなります。女性ホルモンは髪の成長を促し、髪の毛の生成サイクルを正常に保つ効果がありますが、ホルモンバランスの崩れによって女性ホルモンが減ると、髪の成長や生成サイクルに支障が生じるのです。
その結果、髪の成長が不十分で細くなってしまったり、新しい髪が生えにくくなったりして、薄毛になってしまいます。

髪の洗い過ぎ

髪を常に清潔に保とうとして、1日に何回も洗髪する人がいますが、洗髪の回数が多過ぎると髪が抜けやすくなり、薄毛の原因になります。

髪を洗うときにはシャンプーを使いますよね。シャンプーは頭皮に付いた余分な皮脂を洗い流す効果があります。ところが、1日に何回もシャンプーを使って髪を洗うと、頭皮を乾燥から守るための必要な皮脂まで洗い流してしまうのです。その結果、頭皮が乾燥しやすくなり、髪が抜けやすくなって薄毛につながってしまうのです。

洗髪が不十分

髪の洗い過ぎは薄毛の元ですが、洗髪の回数が少なかったり、髪の洗い方が雑であったりと、洗髪が不十分でも薄毛の原因になります。

髪を洗う回数が少ない、あるいは髪の洗い方が雑で汚れやシャンプーが頭皮に付いたままだと、頭皮が不衛生な状態になります。不衛生な頭皮は雑菌が繁殖しやすく、雑菌が繁殖すると髪が抜けやすくなってしまいます。

薄毛対策には「頭皮マッサージ」が効く

女性の薄毛には様々な理由があり、髪の洗い過ぎや不十分な洗髪は意識すれば直すことができますが、ストレスや月経前のホルモンバランスの乱れは意識してもなかなか改善が難しいですよね。
そのような改善が難しい薄毛には「頭皮マッサージ」が効果的です。なぜ頭皮マッサージが効果的なのか、その理由として挙げられる2つを解説します。

  • 頭皮マッサージで血流を促せる
  • 振動圧刺激で髪の生成を促進

頭皮マッサージで血流を促せる

血液は、私たちの身体の隅々まで、必要な栄養素を届ける役割を果たしています。血流が悪いということは、栄養が十分に運ばれないということ。つまり髪に栄養を届ける血液の流れが悪いと、髪に十分な栄養が行き届かず、薄毛になってしまいます。

頭皮をマッサージすることで、頭皮に通っている血管を刺激することができます。その結果、頭皮の血行を促進、栄養を髪に届けやすくすることができ、健康で抜けにくい髪を育てることができるのです。

振動圧刺激で髪の生成を促進

最近、Dクリニックグループ、日本医科大学形成外科、株式会社アンファーの、薄毛対策のプロフェッショナルたちの共同研究により「振動圧刺激が薄毛の治療に効果がある」という事実が確認されました。

人の髪の根元部分には、新しい髪を生み出すためのサインを出す「毛乳頭細胞」という組織があり、この毛乳頭細胞が正しく働くと健康な髪が生え育ちます。ところが、加齢やストレスなど様々な原因によってこの細胞の働きが弱ることで、薄毛になってしまうのです。

先に紹介した各社、大学の共同研究では、髪の生成の鍵である毛乳頭細胞に、超音波によって振動と圧をかけたところ、通常と比較して約1.3倍、細胞が活性化したことが分かりました。

薄毛に効く頭皮マッサージの方法

薄毛には頭皮マッサージが効果的ということが、研究によって確認されました。では、具体的にどのようにマッサージをすると良いのでしょうか?

薄毛に効果的な頭皮マッサージの方法を詳しく解説します。

頭にあるツボを刺激する

頭皮マッサージするときには、頭にある育毛に効果的なツボを押すことを意識しましょう。育毛に効果的な頭のツボは以下の3つがあります。

  • 百会
  • 天柱
  • 風池


百会(ひゃくえ)
百会は頭の頭頂部あたりに存在する、脱毛による薄毛を防止するツボです。両方の耳から上に向けて伸ばした線と、顔を正面から見たときの縦の真ん中の線を頭の上まで引いた線がぶつかるところが百会です。

天柱(てんちゅう)
天柱は、首の後ろの髪の生え際の、中心の左右のくぼんだ部分です。人差し指と親指でつまむように押しましょう。天柱は首と頭をつなぐ部分のツボであり、このツボを刺激することで頭皮全体の血行を良くします。頭皮の血行が良くなることで、健康で抜けにくい髪を育てることができます。

風池(ふうち)
風池は天柱から1cmほど外に向けてずれたところにあります。円形脱毛症や、後頭部の薄毛に効果があります。また、薄毛対策以外に首の疲れを取る効果も期待できるので、疲れを感じたときにも押すと良いでしょう。

生え際に効果的なマッサージ

額の生え際の薄毛が気になる場合に特に効果的なマッサージの方法を解説します。

①両手を軽く広げ、それぞれの指の腹を生え際に当てます。そのまま上に向けてグーッと伸ばすように押して3秒程止めます。このとき、強く押し過ぎないよう注意してください。

②3秒ほどしたら、ゆっくりと指の力を抜きながら戻します。これを1回として、5回程度繰り返し行ってください。

トップのボリュームに効果的なマッサージ

頭頂部の薄毛が気になる場合に特に効果的なマッサージの方法を解説します。

①両手の指を軽く広げ、頭をそっと包むように指を配置します。頭の上に向かって頭皮を寄せるイメージでゆっくりと押して3秒ほど止めます。その後指を元に戻しましょう。

②この流れを1回と数え、5回程度行いましょう。

くれぐれも強く押し過ぎないよう、注意してください。

マッサージ後に行いたい薄毛に効果的なケアやマッサージ

頭皮マッサージの具体的な方法を紹介しましたが、実は頭皮マッサージやケアは洗髪前後にも取り入れることができます。

頭を洗うときには、ぜひこれから紹介するポイントも取り入れてみてください。

  • ブラッシングで刺激を与える
  • シャンプー中は指で頭皮をマッサージ
  • タオルドライは強くこすらない

ブラッシングで刺激を与える

洗髪前にはブラシで優しく髪をとかし、ほこりや汚れをある程度落としましょう。髪をとかすことで頭皮に丁度良い刺激が加わり、マッサージになります。

注意したいのは、よく薄毛の男性が漫画の中などでやっているような、ブラシで頭をポンポンと叩く行為は真似しないこと。ブラシで軽く叩くのは良い刺激に思えますが、頭皮を傷付けてしまう危険の方が高いのです。ブラシはあくまで髪をとかすものです。頭皮にはなるべく当てないように注意しましょう。

シャンプー中は指で頭皮をマッサージ

シャンプー中は髪を洗うというよりは、頭皮マッサージをするイメージで指を動かしましょう。髪や頭皮は濡れている状態だとダメージを受けやすいので、爪を立てたり強い力でゴシゴシとこすったりするのはNGです。
軽い力で優しく頭皮を揉むイメージで、マッサージしながら洗いましょう。

タオルドライは強くこすらない

髪を洗った後のタオルドライも注意が必要です。先ほど説明したように、頭皮や髪は濡れているといつも以上にダメージを受けやすいです。早く乾かしたいからと、タオルでガシガシと強くこするのは止めましょう。

薄毛には頭皮マッサージと正しいシャンプー方法が効果的!コツを押さえて薄毛改善につなげましょう

女性の薄毛にはストレスやホルモンバランスの崩れなど、様々な原因があります。薄毛対策にはマッサージが効果的であり、この事実はアンファーをはじめとした薄毛対策のプロによる実験で確認されています。

ぜひ今回紹介したマッサージを習慣化して、薄毛対策を始めましょう。

この記事の監修 アンファー株式会社

○事業内容
化粧品・サプリメント・健康食品・専門医師監修によるクリニック専売品などのオリジナルエイジングケアプロダクツの研究開発及び製造・販売・卸業務。

○研究開発・製造
エイジングケア分野のNPO法人・研究団体の活動を支援するとともに、専門医師・大学機関との共同研究を通じ、研究・開発を進め商品を製造。