髪の毛が細くなってしまった!原因とシャンプーや生活習慣での対策について

掲載日:2020.10.08 更新日:2020.10.09

この記事の監修 アンファー株式会社

髪が細くなってしまう原因はなんでしょう?加齢もありますが、食生活の乱れやストレス、間違ったヘアケアが原因となることもあります。そこで今回は、髪が細くなってしまう対策をご紹介します。髪に良い栄養を十分にとり、正しい洗髪方法で行うなど今すぐ始められることばかりなので、ぜひチェックしてみてください。

髪の毛が細くなる原因とは?

髪の毛が細くなる原因とは?

以前と比べて髪の毛が細くなったと感じる場合、以下のような原因が考えられます。

  • 加齢
  • 食生活の乱れ
  • 間違った洗髪やヘアケア
  • 睡眠不足
  • 過度なストレス
など

髪が細くなる原因として、まず加齢が挙げられます。一般的に髪の毛が急激に細くなっていくのは60代と言われており、その細さは20代に比べると30%減です。これには女性ホルモンのエストロゲンが関係しており、歳を重ねるごとに分泌量が減って、髪の成長期が短くなるなどの現象が起こることで髪が細くなってしまうのです。

ただ、髪が細くなるのは加齢だけが原因ではなく、食生活の乱れや睡眠不足、過度なストレスなど生活習慣に起因する場合もあります。栄養が十分に摂れていなければ、健康な髪は育てられません。また、過度なストレスを受けるなどで血流が悪化してしまえば、せっかく摂った栄養が頭皮まで届かないこともあります。

間違った洗髪やヘアケアを続けることで頭皮環境を悪化させ、健康的な髪の毛を育てられていない可能性もあります。髪を育てるために頭皮環境は重要なので、適切なヘアケアを心掛けましょう。

【細毛の対策①】食生活を改善する

髪が必要としている栄養が不足することで、細く弱々しい髪の毛になってしまうことがあります。下記のような栄養素を積極的に摂り、健康的な髪の毛を育てましょう。

髪質改善に良い栄養素 効果 食べ物
タンパク質 パサつき、枝毛、切れ毛予防 肉類・大豆製品・卵など
オメガ3脂肪酸 毛髪の成長を促す えごま油、アマニ油、青魚など
イソフラボン 髪にハリ、コシを与える 納豆・豆腐・豆乳など

髪に良い栄養素とは?

髪の主成分であるケラチンは、タンパク質から作られています。そのため、髪のためにはまずタンパク質を摂るとよいでしょう。
また、オメガ3脂肪酸は血行をよくして毛髪の成長を促す効果が期待できます。頭皮の乾燥や過剰の皮脂などがあれば、頭皮トラブルにも繋がり、髪を育てにくくなってしまうことも考えられます。

イソフラボンの一種が体内で変化することで、「エクオール」を作り出します。このエクオールはエストロゲンと似た働きをするといわれているため、女性は特に摂りたい栄養素です。生活習慣はもちろん、抗えない加齢でエストロゲンは減少してしまいますが、毎日の食事で補給してみましょう。髪のハリコシを取り戻すことが期待できます。

足りない栄養素はサプリメントで補う

髪の毛に必要な栄養素を補うために、サプリメントも検討するのもよいでしょう。もちろん食事から摂れるのが一番よいのですが、なかなか摂りづらい栄養素もあるかもしれません。
ただしサプリの場合は手軽な分、摂り過ぎに注意し足りない分を補う程度に留めておきましょう。

【細毛の対策②】正しい洗髪方法とシャンプー・ヘアケアの見直し

正しい洗髪方法

毎日行う洗髪が間違った方法では、頭皮の状態を悪化させ、太く健康的な髪の毛を育てることは難しくなるでしょう。正しい洗髪方法や、シャンプー選び、ヘアケアの見直しについて解説します。

正しい洗髪方法

頭皮を良い状態に保つために、まず洗髪方法を確認しましょう。

髪を濡らす前に、ブラッシングで頭皮や髪の毛の汚れを取り除きます。
シャワーで髪を濡らしますが、この時の予洗いは丁寧にしっかりと行ってください。38℃程度のぬるま湯で5分程度行うのがおすすめです。毛穴も開き、頭皮の汚れが落としやすくなります。

予洗いが終わったら、シャンプーで洗っていきましょう。シャンプー液は手のひらに取り出し、しっかりと泡立ててから頭皮につけましょう。泡立てずシャンプー液のままつけてしまうと、髪の上で泡立てることになるので頭皮に刺激を与え、頭皮トラブルに繋がる恐れもあります。
泡立てたシャンプーで、指の腹を使って頭皮をマッサージするように優しく洗ってください。

すすぎは、シャンプーの倍くらいの時間をかけて行います。シャンプーは洗剤の一種のため、残ってしまうと頭皮に刺激を与えかねません。生え際や耳の周辺は洗い残ししやすい部分なので要注意です。ぬめりがなくなるまで、全体をまんべんなくすすぎましょう。

シャンプー選び

ヘアケアの基本はシャンプーなので、自分の頭皮に合ったものを使いましょう。家族が使っているものをなんとなく使っている人もいるかもしれませんが、頭皮の状態は人それぞれです。自分に合ったシャンプーを選び、使うようにしましょう。

また、ずっと使い続けているシャンプーもよいのですが、頭皮の状態は季節によって変わることもあります。乾燥する時期には保湿効果のあるものを選ぶなど、今の自分の頭皮状態を確認し、その時に合ったものを選ぶ方がよいでしょう。

ヘアケアの見直し

健康な髪を育てるためには、頭皮を良い状態に保つことが大切です。シャンプー後にドライヤーはしていますか?
髪は熱に弱いからドライヤーをせずに自然乾燥で済ませる人もいますが、これはNG。
頭皮が湿った状態が続くと、菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。頭皮の常在菌であるマラセチア菌は、ほどよい温度と多湿を好むことから、まさにシャンプー後の頭皮は繁殖しやすい環境です。マラセチア菌は過剰に増えすぎてしまうと頭皮環境の悪化につながります。

また、髪の毛はキューティクルに保護されていますが、濡れた状態のままだと開いて剥がれやすくなります。髪の内部にある水分が蒸発し、髪がパサパサになる原因にもつながります。
シャンプー後の自然乾燥はやめて、ドライヤーで乾かすようにしましょう。

【細毛の対策③】適度な睡眠

細毛の対策

睡眠不足にならないよう、1日6~8時間程度の睡眠を心掛けるようにしましょう。睡眠中は成長ホルモンが分泌され、傷ついた体を修復してくれます。
特に入眠してすぐ訪れるノンレム睡眠の時に、成長ホルモンが多く分泌されるので、スムーズに眠りにつけるよう工夫するのがおすすめです。

就寝する1時間前までには、食事は済ませておき、寝る時には胃が休める状態にしましょう。また、寝る前にはテレビやスマホなど、光を発するものは避け、脳に刺激を与えないようにするのも有効です。

【細毛の対策④】ストレスの発散

ストレスは心身ともに負担を与えてしまいます。溜め込まず、こまめに発散するようにしましょう。
お腹から大きな声を出すと、横隔膜が動き、自律神経を刺激し交感神経と副交感神経の切り替えがしやすくなります。なかなか大声で話す機会などは限られるので、ストレス発散を兼ねてカラオケで熱唱するのもよいでしょう。
感情を動かされた時に出る涙は、ストレスホルモンとされる「コルチゾール」を排出するとされているので、映画や小説など感動的な物語に触れるのもおすすめ。

また、運動すると幸せホルモンである「エンドルフィン」や「セロトニン」が分泌され、ストレス発散になります。血行促進も同時にでき、栄養を頭皮に届けやすくなりますから、毎日運動するようにしましょう。

髪が細くなっても諦めないで!シャンプー方法や生活習慣の改善ではやめの対策を

髪が細くなってしまう対策

髪の毛が細くなったと悩む女性に、その原因や対策法をご紹介しました。加齢だけでなく、生活習慣やヘアケアが原因で髪が細くなっていることもあります。食生活を改善し、十分な栄養を摂るようにしましょう。

また、自分の頭皮状態にあったシャンプーを選び、正しい洗髪方法で行うことや、適度な睡眠、ストレス発散も大切です。ご紹介した細毛の対策法の中から、できることを選びすぐ始めることをおすすめします。

この記事の監修 アンファー株式会社

○事業内容
化粧品・サプリメント・健康食品・専門医師監修によるクリニック専売品などのオリジナルエイジングケアプロダクツの研究開発及び製造・販売・卸業務。

○研究開発・製造
エイジングケア分野のNPO法人・研究団体の活動を支援するとともに、専門医師・大学機関との共同研究を通じ、研究・開発を進め商品を製造。