根元からの切れ毛の原因って何ですか?

掲載日:2020.02.19 更新日:2020.02.19

この記事の監修 アンファー株式会社

根元からの切れ毛は、強いダメージが原因かもしれません

一般的に、毛先部分は、髪のダメージが蓄積されることによって、切れ毛になりやすい部分だといわれています。

反対に、髪の根元は傷みが少なく、切れ毛になりにくい部分です。

しかし、パーマやカラーなどの強い薬剤による刺激で、根元部分にダメージを受けると、根元でも切れ毛が起こる可能性があります。

また、頭皮環境が悪くなっていると、髪そのものが弱ってしまっているため、根元であっても簡単に切れてしまう可能性があるので注意が必要です。

パーマやヘアカラーをすると、髪や頭皮に負担がかかります

パーマやヘアカラーは、おしゃれの一環として取り入れている方も多いのではないでしょうか。

しかし、パーマやヘアカラーに使われる薬剤は、頭皮や髪に相当な負担をかけているのです。

というのも、パーマやヘアカラーに使われる薬剤は、キューティクルを開かせて、髪の内部に浸透させることで効果を発揮します。

しかし、キューティクルが開いてしまうと、髪の内部のタンパク質や水分が流れ出て、髪の内部がスカスカな状態になってしまうのです。
髪の中に空洞ができ、スカスカになると、髪は非常にもろくなってしまいます。

また、頭皮に薬剤が付着すると、かぶれや炎症が生じることもあります。

さらに、身体に合わない薬剤を使用すると、アレルギー症状を引き起こす危険性もあるのです。

このように、パーマやヘアカラーは、髪と頭皮に負担をかけているということを忘れてはなりません。

もちろん、薬剤の種類によって、肌への刺激の強い弱いがあるので、すべてが危険であるわけではありませんが、自分の髪や頭皮のコンディションに応じて、パーマやヘアカラーなどのおしゃれを楽しむ必要があるでしょう。

パーマやヘアカラーをした後は、しっかりケアしましょう

先ほども説明したように、パーマやヘアカラーをすると、髪と頭皮は大きなダメージを受けます。
ダメージを受けた髪の毛は、とてもデリケートな状態なので、アフターケアが重要です。

アフターケアとして一般的なのが、トリートメントです。
トリートメントには、髪のダメージを補修する役割があります。
毎日のトリートメントは、シャンプー後に行う洗い流すタイプのトリートメントと、入浴後、髪を乾かす前に行うアウトバストリートメントを行いましょう。
トリートメントをしっかり行っていれば、パーマやヘアカラーのもちが良くなる効果も期待できます。

そして、普段のケアでは、とにかく髪を優しく扱うことが大切です。
ブラッシングの時は、毛先から徐々にとかしていくようにしましょう。

また、ヘアアレンジする際も、逆毛を立てるのは避けた方が無難です。
ほんの少し手間をかけてあげれば、髪のダメージは減らせます。

また、パーマやヘアカラーの効果も長持ちするので、はじめは面倒かもしれませんが、ケアを怠らないことが美しい髪を守るためには重要です。

根元からの切れ毛は、髪が弱っているサインです

ヘアカラーやパーマといった、特別なことをしていないのに、根元付近で切れ毛が起こっている場合、育毛が阻害され、髪が弱っている可能性があります。

髪が弱っていると、本来あまりダメージを受けていないはずの根元であっても、ちょっとしたことで切れてしまうことがあるのです。

しかし、適切なケアを行えば、頭皮や髪を健康に保ち、切れ毛を予防できますので、安心してください。

ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスが乱れると、健康な髪が育ちにくくなります。
これを防ぐためには、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

良質な睡眠をとる

睡眠中は、新陳代謝を活性化する成長ホルモンが活発に分泌されます。

成長ホルモンは、髪の成長にも関与しているため、分泌を妨げないためには、質の良い睡眠をとるようにしましょう。

栄養バランスの良い食事を心がける

髪が成長するためには、髪の原料となるタンパク質が必要不可欠です。

また、髪の成長を助けるミネラルや新陳代謝を高めるビタミンなど、たくさんの栄養が必要です。

栄養バランスのとれた食事をとって、育毛を阻害しないようにしましょう。

(まとめ)根元からの切れ毛の原因って何ですか?

根元からの切れ毛は、強いダメージが原因かもしれません

一般的に切れ毛が起こりやすいのは、毛先部分で、根元部分は傷みが少ないため、切れ毛が起こりにくいとされています。

しかし、パーマ剤やヘアカラー剤などの強い刺激を受けると、根元からの切れ毛が起こる可能性があります。

パーマやヘアカラーをすると、髪や頭皮に負担がかかります

パーマやヘアカラーは、キューティクルを開かせて内部に薬剤を浸透させているため、髪に大きな負担がかかります。

また、パーマ剤やヘアカラー剤が頭皮に付着すると、かぶれや炎症、アレルギー症状などが起こる可能性もあります。

パーマやヘアカラーをした後は、しっかりケアしましょう

パーマやヘアカラーをすると、キューティクルが開いてしまうので、非常に敏感な状態です。
そのため、アフターケアで髪を保護してあげる必要があります。

また、日頃のヘアケアも、いつもより丁寧に優しく行わなければなりません。

根元からの切れ毛は、髪が弱っているサインです

特別髪へのダメージがないにも関わらず、根元から髪が切れてしまう場合は、育毛が阻害されている可能性があります。

健康で丈夫な髪を育てるためには、ホルモンバランスを整えたり、食生活を見なおしたりして、育毛環境を整えるようにしましょう。

この記事の監修 アンファー株式会社

○事業内容
化粧品・サプリメント・健康食品・専門医師監修によるクリニック専売品などのオリジナルエイジングケアプロダクツの研究開発及び製造・販売・卸業務。

○研究開発・製造
エイジングケア分野のNPO法人・研究団体の活動を支援するとともに、専門医師・大学機関との共同研究を通じ、研究・開発を進め商品を製造。