ヘマチンは毛髪にどういった効果があるといわれているの?

掲載日:2020.02.19 更新日:2020.06.19

この記事の監修 アンファー株式会社

ヘマチンは毛髪にどのような効果があるのでしょうか。ヘマチンが髪の90%を占めるとされるケラチンに結合する理由や、アルカリ除去効果について説明します。また、ヘマチン配合のシャンプーやトリートメントなどを使用することにより期待できる毛髪への効果も紹介しますので、うまく使用して髪を良い状態に保ちましょう。

ヘマチンは毛髪に対してどのような効果がある?

ヘマチンは、毛髪のダメージを修復する働きが期待できるといわれています。
髪の毛へのダメージがひどく、パサつきが気になるなど毛髪に悩みを持つ人は、試してみるとよいかもしれません。シャンプーやトリートメント、育毛剤などにヘマチンを配合している商品があります。

そもそもヘマチンとは?

ヘマチンは、動物の血液から得られる有機鉄錯化合物で、血液の主成分「ヘモグロビン」をタンパク質「グロビン」と結合して形成しています。通常は、グロビンと結合していますが、分離させてヘマチンだけを取り出すと、不安定になりグロビンに似た分子構造のものと結合して安定しようとします。

髪の90%を占めるとされているケラチンはタンパク質で、グロビンの分子構造と似ているため、ヘマチンが結合しようとするのです。このような理由から、ヘマチンがケラチンと結合し、毛髪が傷んでいる部分を覆うことでダメージを修復する機能があるといわれています。

ヘマチンに期待できる毛髪への効果

ヘマチンには、さまざまな効果があると言われています。ヘマチン配合のヘアケア剤を使うことで期待できる毛髪への効果についてご紹介します。

髪が柔らかくサラサラになる

ヘマチンを含んだチャンプーやトリートメントを使うことで、毛髪のダメージが修復され、髪が柔らかくサラサラになります。そもそも髪が傷んでいる原因のひとつには、キューティクルが剥離し、コルテックス部分が露出していることがあります。

しかし、ヘマチンが配合されているヘアケア剤を使うことで、このコルテックスをキューティクルに似た物質で覆うため、毛髪が良い状態に戻り、指通りなめらかな髪になるのです。 通常、一度傷んだ髪の毛は戻りませんが、ヘマチンの場合は分子レベルで結合するため、このような効果が期待できるでしょう。

パーマやカラーリングの持ちを良くする

ヘマチン配合のシャンプーをパーマやカラーリングの後に使うことで、パーマの持続性をアップさせたり、カラーの褪色を抑えたりする効果が期待できます。これは、ヘマチンがアルカリ除去効果を持つため。パーマやカラー後に髪の毛に残留したアルカリ性の薬剤を、少しずつ落としていってくれるのです。

もちろん、普通のシャンプーで毎日洗うことでも落ちていくのですが、ヘマチン配合のシャンプーを使うと、より早くアルカリ性薬剤を除去できるでしょう。

ヘマチンは髪のダメージのある人に効果が期待できる

ヘマチンとはどのようなものなのか、そして毛髪の効果についてご紹介しました。
髪の90%を占めるとされるケラチンと結合する働きをもつため、露出したコルテックスをキューティクルに似た物質で覆い、毛髪ダメージを補修して指どおり滑らかなサラサラの髪にしてくれます。

また、ヘマチンの持つアルカリ除去効果で、パーマやカラーリングをした後に毛髪に残るアルカリ性薬剤を落としやすくなるので、パーマの持ちを良くしたり、カラーリングの褪色を防いだりする効果が期待できます。ヘマチンが配合されているシャンプーやトリートメントをうまく活用し、髪の毛を良い状態に保ちましょう。

この記事の監修 アンファー株式会社

○事業内容
化粧品・サプリメント・健康食品・専門医師監修によるクリニック専売品などのオリジナルエイジングケアプロダクツの研究開発及び製造・販売・卸業務。

○研究開発・製造
エイジングケア分野のNPO法人・研究団体の活動を支援するとともに、専門医師・大学機関との共同研究を通じ、研究・開発を進め商品を製造。